税の作文のパクリは必ずわかる

税の作文のパクリは必ずわかる

税の作文は、国の行事であり、直接国税庁が募集しています。

読書感想文のように、民間の会社が協賛しているようなものと違って、審査基準が非常に厳しくなっています。

提出した税の作文はいろいろな添削者が採点するため、パクリは必ずわかります。

税の作文のパクリがわかったときは提出した学校に連絡されるため、進学先や内申点に影響します。

特に、過去の税の作文やネットなどからパクリしたり、少し文章を変えたりしたときは、罪が重く、提出した学校や個人の名前を控えます。

少しパクリしたものであれば問題ないだろう、文章を少し変えるとわからないだろう、というような感じで税の作文を書く人もいるかもしれません。

しかし、多くの税の作文を添削している人は、このようなものはすぐにわかります。

税の作文の審査基準とは?

ここでは、税の作文の審査基準についてご紹介します。

税の作文で指定されている原稿用紙には、4つの空白のボックスが右下にあります。

この空白のボックスは、採点欄になっている箇所であり、評価がそれぞれのトータル点で行われます。

文章を組み立てる方法などをトータル的に判断して、割り振りが25点ずつトータルで100点満点になります。

いかに文章が酷いものでも、自分の言葉で書いているものであれば、1点は最低でもプラスされます。

しかし、パクリと見なされたときは、パクリが全て、一部などに関係なく、その箇所が「×」の評価になります。

この「×」の評価によって、税の作文をパクリしたことがいつまでも残ります。

税の作文を提出した学校には、この採点した結果が連絡されます。

税の作文の評価結果については、先生に聞いても教えてくれないでしょう。

というのは、学校の客観的な評価が連絡されているためです。

なお、基本的に提出した税の作文は返却されません。

というのは、すでに提出した税の作文からのパクリを防ぐためでもあるためです。

税の作文が過去に受賞したものをパクリしたものか、あるいはネットからパクリしたものかを見抜くのは容易です。

しかし、アナログな方法でパクリしたものを提出すると、やはりパクリしたものを見抜くことはできません。

例えば、兄弟の税の作文をそのままパクリして提出するような人も中にはいるそうであるため、このようなことを防ぐために基本的に提出した税の作文は返却されません。

また、学校や個人に採点した基準を知らせないこともあります。

「×」とはどのようなものだろうというような疑問によって、学校やネットなどで話題にならないようにしています。

提出した学校で「×」の人が多くいると、学校の信用もその分下がってしまうため、提出した税の作文は返却しないようになっています。

税の作文の書き方とは?

税の作文を書くときは、パクリすると良くないことがいろいろあります。

そのため、税の作文はパクリしないで書きましょう。

ここでは、税の作文の書き方についてご紹介します。

税に関する理解を書く

例えば、「税の作文が冬休みの宿題です。」と学校の先生にいわれると、どのように思うでしょうか?

多くの人は、「税の作文は難しいので書けない」思うのではないでしょうか。

このようなときは、まずパソコンやスマホで税について調査してみましょう。

調査するときは、身近な税や自分が知っている税の中から一つテーマになるものを選択する、どのように納めた税が使われているかを調査する、というようなことが大切です。

税の作文のテーマが、このようなポイントを押さえることによって決まります。

テーマが決まれば、選択した税についてより詳細に調査しましょう。

そのため、税に詳しい人に聞いたり、図書館で調査したりするなどして、税に関しての理解を深めましょう。

税に関する積極的な意見を書く

絶対に書いては駄目な言葉が、税の作文にはあります。

この言葉は、「税を納めるのは嫌である」「税は納めたくない」などということです。

多くの人は税を負担に感じていますが、税を納めなくなればどうなるでしょう。

税の作文を書くときは、税を納めることによって世の中が成立している、快適な暮らしになる、ということを考慮することが大切です。

表現力は税の作文に必要ない

普通の作文などのときは、表現力が大切です。

例えば、著名な作家の文章を見れば、「その情景が目の前に広がっているように思う」などがあるでしょう。表現力とはこのようなものです。

しかし、表現力は税の作文には必要ありません。

というのは、淡々と事実だけを書くといいためです。

税の作文を書くときは、調査した内容と構成力が評価されます。

説得力がある税の作文にいかにするかが大切です。

税の作文の書き方

おすすめの記事