税の作文の書き出しはどのようにするか?

税の作文の書き出しはどのようにするか?

税の作文を書くときは、書き出しをどのようにするかが最も困るでしょう。

先生などは、「税の作文の書き出しは自由に書きなさい」などというかもしれません。

しかし、基本的に、税についての話題などはあまり興味がないため、税の作文の書き出しはなかなか難しいのではないでしょうか。

では、税の作文の書き出しはどのようにすればいいのでしょうか?

税の作文の書き出しとしては、旬の話題がおすすめです。

税についての旬の話題というと、やはり、消費税が2019年にアップしたことでしょう。

消費税が、201910月に8%から10%にアップしました。

そのため、税の作文のテーマとして消費税を取り上げるのであれば、書き出しとしては「この前、消費税がアップしましたが…」などというような感じにすれば、スムーズに書けるでしょう。

ここでは、税の作文の書き出しとして消費税のテーマのときのおすすめの例文についてご紹介します。

税の作文を書くときは、ぜひ参考にしてください。

「消費税が201910月に8%から10%にアップしました。自分の母親は、生活がますます厳しくなるといって心配していました。」

「消費税が昨年の10月に8%から10%にアップしました。多くの人が消費税をアップすることに反対していますが、自分は、国の財政を良くするためであるので仕方がないのではないかと考えます。」

「政府は消費税を8%から10%にアップしました。8%から2%アップしただけなので、大きな問題ではないと考えていましたが、大人の人は困っているようです。」

はっきりと自分の意見を書くことが最も大切である

では、税の作文を書くときはどのようなことが最も大切でしょうか?

例えば、最も大切なのは税の作文を上手く書くことでしょうか?

それとも難しい表現を使うことでしょうか?

税の作文を書くときは、はっきりと自分の意見を書くことが最も大切です。

しかも、自分の意見を可能な限り早めに書くことが必要です。

では、どうして自分の意見を書くことが大切なのでしょうか?

というのは、税の作文の目的は、「自分の意見を聞かせてください」ということを問われているためです。

税の作文は、難しい表現を使ったり、正しいことをいったりすることが要求されているということでは決してありません。

そのため、「はっきりと自分の意見を書くこと」を意識しておくと、スムーズに税の作文が書けるようになります。

しかし、どのようにして自分の意見を書くといいかわからないという方もいるでしょう。

自分の意見を書くのは簡単で、賛成かどうか、あるいは好きかどうか、ということを書くといいだけです。

そのため、税の作文を書くときは、「消費税がアップしたことについて、賛成かどうか」ということを書くといいだけです。

この後は、賛成かどうかについての理由を書くのみであるため、税の作文は簡単に書くことができます。

税の作文の書き出については、例えば、「消費税というものがあります。消費税については、自分は賛成(反対)です。というのは生活が厳しくなるためです。』というようにすればいいでしょう。

ここでは、税の作文の書き出しの例文についてご紹介します。

「消費税が昨年の10月から2%アップして10%になりました。大人の多くは、消費税のアップに反対していますが、自分は消費税をアップするのは仕方がないことであると考えています。というのは、国の財政を再建するためには、消費税をアップする必要があるためです。」

この例文ように、消費税がアップしたことについて書いたすぐ後に、「自分は消費税がアップしたことに賛成かどうか」を書きましょう。

この後に、「というのは〇〇であるためです」というように、賛成(反対)する理由を続けて書きましょう。

このような税の作文の書き出しになっているのみで、評価は非常に良くなります。

一方、税の作文として駄目なケースは、最終的にどのようなことをいいたいかが全くわからないものです。

消費税がアップしたことについて、賛成かどうかが全くわからないようなものは評価が悪くなります。

つまり、消費税などについて、しっかりと自分がどのように考えているかを書きましょう。

作文が得意でないときは、やはり上手く書こうと思うでしょう。

しかし、税の作文と論文では違っています。

税の作文は基本的に自分の意見を書くことで、論文は客観的なしっかりとしたデータをベースにして理論を正しく書くものです。

税についての知識が十分でなくても全く問題ありません。

税の作文は、「自分が消費税などについてどのように考えているか」を書くといいのみです。

おすすめの記事